blog index

溝の口のお米マイスター・関屋精米店

川崎市高津区で玄米量り売り&店頭精米を行っている、お米の専門店です。
あなたの好みの一品をご提案するとともに、炊飯のアドバイスも致します。
また、高津区内にお住まいの方には当日無料配達をいたしております。
29年産 お米の銘柄
平成29年に収穫されるお米の産地品種銘柄が先日告示されました。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/syoryu/kensa/sentaku/

お米の銘柄とは、産地×品種 のことで、メジャーなところでは「新潟県産コシヒカリ」とか、「山形県産つや姫」といったものがありますが、これは毎年増減があって、ある県ではこの品種が廃止、とかこの県ではあの品種が新しく設定された、とかあの県のかの品種がこういう品種名に変更になった、なんてことが繰り返されています。

銘柄は毎年増える傾向にあり、29年産は昨年より27増えてトータル753銘柄。
品種数だけでも7増えて274品種あります。
銘柄数の増加というのは各産地の努力の証であり、減りつつあるお米の消費をなんとか食い止めたい、もっとおいしいお米を作ってもっと食べてもらいたいという気持ちの表れでもあると思っています。

今年新たに登場した品種は13品種。
岩手118号(金色の風、岩手)、東北210号(だて正夢、宮城)、越南291号(いちほまれ、福井)など県を上げて猛プッシュしている良食味品種もあれば、業務用向けの多収品種であるとよめき(茨城)、ハイブリッドとうごう3号(茨城、滋賀)なども新登場。
個人的には意外だったのがつくばSD2号が今年初めて登場したというところ。つくばSD1号に関しては当店でも過去に『恋しぐれ』の名前で販売させていただき、関西では『のびのび』という名前で今も販売されているかと思います。つくばSD2号は言わばその低アミロースバージョンで、品種そのものは少し前から知られていましたが、銘柄設定は慎重におこなったということなのでしょうか。

一方で、どこの道府県からも設定を外されてしまった品種が6品種ありました。
ゆめむすび、アキニシキ、月の光、峰ひびき、光寿無量、あきさやか。。。
これらの品種はもう品種名で販売されることができなくなります。厳しい戦国時代のさだめです。

そのほかに気になった点をあげますと、、
神奈川県産米で初めて食味ランキング特Aを獲得した「はるみ」は、徳島県でも設定され計4県となりました。
神奈川県内は「祭り晴」が廃止され、キヌヒカリ、コシヒカリ、さとじまん、はるみの計4銘柄。
現在当店で販売中の「恋の予感」が広島県以外で初めて山口県でも設定。
今年銘柄設定された品種での増加数上位は、多収良食味の「あきだわら」が5県。上でも挙げた「つくばSD2号」が4県。大粒米「縁結び」が3県と続いています。あきだわらはトータル17の県で設定されています。トレンドが見えてきますね。
もっとも多くの府県で栽培されているのは、不動の1位コシヒカリで44府県。では2位はなんでしょう??34府県で2品種並んでいます。4位はあきたこまちで31府県でした。
答えは・・・


続きを読む >>
| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
隠岐の島からのご来店
先日のこと、島根県にある島根半島から北へ50kmのところにある、隠岐郡隠岐の島町の農家さんと農協の職員さんたちが遠路はるばる当店へやってきてくださいました楽しい

隠岐の島は、魚沼と同じくらいの緯度にあるらしく、西日本でも積雪した1月中旬の寒波の影響で隠岐でも10cmほど雪が積もったそうですゆき。そんな悪天候の中、わざわざお越しいただいてありがたい限りですニコニコ

今年の隠岐藻塩米は他のお米屋さんからも評判が良いとのことで、そのワケを色々お話ししてくださいました。
掻い摘んでいうと、しっかりした土壌分析と細やかな対処、栽培期間中の天候、そしてアラメを煮出した藻塩の水溶液散布<参考ページ>です。

JA隠岐の栽培指導のもと、農家さん一人ひとりが「おいしいお米を作ろう」という気持ちを持って米作りに励んでいることが確認でき、このブランドがさらに極まっていくことを期待させるものとなりました。


隠岐ご来店
| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
28年産 新米第二弾!入荷しました!種子島産こしひかり
28年産の新米第2弾!!鹿児島県種子島のこしひかりが先週入荷しました!

"日本一早いこしひかり"の1つである種子島産ですが、今年は天候に恵まれたおかげか、特に早く収穫ができたようです。

玄米の香りは清々しく、白ごはんはツヤツヤしてもっちりな、とてもいい出来♪

ぜひお試しください♪

| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
28年産 新米第一弾!入荷しました!石垣ひとめぼれ
まだ梅雨の真っただ中ではありますが、「日本で一番早い新米」と呼ばれる銘柄である「沖縄県産ひとめぼれ」が当店に入荷してまいりました!

やっぱり新米の香りはいいですね〜(^^

今年はオール1等!整粒の割合も高く、若い粒は程よく、玄米はとてもキレイ!

ご奉仕価格でご提供しておりますので、ぜひ一足早く今年の新米を召し上がってみてください♪

| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
サイドメニュー新入荷♪

現在のサイドメニュー棚を撮ってみましたカメラ
限定サイドメニューはほぼ毎月入ってきているので、陳列はしょっちゅう変わっています。(入荷のお知らせは毎月は出来ておりませんが、、、(^^; )
今月は常時販売予定のサイドメニューが入荷してきましたので、お知らせしまーす!


まずは、『お米でつくったカレールゥ(中辛)』
とっても使いやすいフレークタイプのカレールゥなので、お手軽に、少量からカレーが作れます
通常使われる輸入の小麦粉の代わりに、国産原料の米粉を使用しています。
かわいらしいパッケージでありながら、奥深いコクと香りを楽しめる本格的なカレーで満足感が得られます。
おまけに化学調味料不使用!動物性の原料さえも使用していません。
1袋で約6皿分のカレーが作れます。




続いて、『土佐の赤かつおシリーズ』
土佐の赤かつお
かつおで有名な高知県の魚屋さんが、かつおのフレークを使ってつくったお惣菜です。これだけで、ご飯が何杯でもいけます楽しい
ごはんのお供のほかにも、ゆで野菜に和えたり、卵焼きの中に入いれたり、調味料として使っても美味しくいただけます
味はにんにく、青さのり、ゆずの3種類。こちらも化学調味料は不使用です。
店長のおススメは、TKG(卵かけごはん)ににんにく味をON!ですグッド


最後は甘味で、『五穀 黒ぜんざい』
五穀の中身は、小豆、大麦、黒米、赤米、黒ごま。結果、真っ黒なぜんざいに仕上がっていますわーい
黒い食材ってなんとなく健康にいいってイメージありますよね。その代表は抗酸化作用のあるアントシアニンでしょうか。他にもセサミンや食物繊維が豊富に摂れるぜんざいって、、、うれしいですねぴかぴかてれちゃう
こちらも添加物は不使用。当店自家製のお餅と一緒にぜひどうぞ!




| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
新潟県期待の新品種「新潟103号」を試食してみた
「新潟県産コシヒカリ」といえば、日本のトップブランド米、、、でした。一昔前は。。。
今やブランド米は群雄割拠。各道府県が新品種米の開発に力を注いできた結果、新潟産コシヒカリよりも高値で取引されるお米がいくつも誕生してきています。

そんな状況を新潟県もただ指をくわえてみているわけにはいきません。いよいよ新潟県独自の新品種が29年にデビュー致します。
「新潟県でコシヒカリより晩生の新品種の開発が本格的に進められている」

それを知ったのは、同じく新潟県で晩生品種として栽培されている「みずほの輝き」を取り扱い始めた2年ほど前のこと。
「みずほの輝き」で十分ではないか?と思いましたが、民間育成の「みずほの輝き」ではなく、新潟県で開発することに意味があるのかなと、トップブランド米を生産してきた新潟県のプライドかなと、思っております。

今年4月、最終的に残った5つの候補から1つに絞られたという報道がありました。
その系統名が「新潟103号」。
良食味と高温耐性は今や当然。選定の際に取った選抜方法は「炊いたご飯の輝き」という変わった方法でした。

翌月に行われた「新潟103号」のPRの場では、泉田新潟県知事自らトップセールスを行う気合の入れよう。
ますます注目される「新潟103号」ですが、先月下旬に新潟県から2kgほどの白米が送られてきました。
・・・この手法、山形97号を思い出しました。これは相当気合入ってます。

食味は極良。初めて食べた特徴的な味です。
甘みは強く、コクがあり、味自体は濃すぎないので、飽きることなく食べられそうです。
いわゆる「おかずなしでも食べられる」タイプ。
香りは香ばしく、風味は秀逸。
粘りはやや抑えめで粒々感があり、炊き込みなどの調理にも向くでしょう。
水加減やや少なめでシャッキリ炊くのが個人的にはおすすめ。
好みが分かれるところではありますが、こういうお米が好きな方は少なくないと思います。

ただ、あくまでこのお米は試験栽培された「新潟103号」。美味しいのはある意味当然です。
同じ品種なら誰が作っても同じ味、になるわけではありません。
美味しい「新潟103号」の栽培技術の確立が急がれます。

多くの技術者がたくさんの汗を流して開発したせっかくの新品種ですから、大事に大事に育ててもらいたいものです。
特に品種名ですね。素敵な名前が付けられることを期待しています。

続きを読む >>
| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
国民一人あたりのお米の消費量、国別ランキング
先日、国民一人あたりの米の消費量ランキングが、トリップアドバイザーのホームページ内で取り上げられました。
http://tg.tripadvisor.jp/news/graphic/eatrice/

日本人の米消費量ランキングは・・・119gで50位!
意外に低いものですね。少々…というよりだいぶ残念な結果です。

それとは別に、米の生産量ランキングというのもあります。
http://www.komenet.jp/_qa/dokokuni.html
日本は世界で10番目に米生産の多い国です。

せめてこれくらいの順位であることを願いたいものです。

じゃあ日本が一番お米を消費していた時代だったら何位なの?と思う方もいると思いますが、
農水省によると、今はピーク時の約半分の消費量とのことなので、
おおよそ今の倍ほど食べていたとしてもトップ10には惜しくも入りません。
けれど、いい勝負のところまではいきます。

なのに現在50位。。。

生活習慣病の原因に“食生活の変化”を挙げる病気が多くありますが、生活習慣病の増加と今回のランキングはきっと関係があると思えてしまいます。
目指すは、「1日でおにぎり5個分のごはん」!

| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
平成27年産の産地品種銘柄
お米の品種にはたくさんの種類があり、毎年新しい品種が生まれては消えてゆく生存競争の世界でもあります。
品種×産地=銘柄となるわけですが、先月農水省のホームページに27年産の銘柄一覧がアップされました。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/syoryu/kensa/sentaku/pdf/h27listo.pdf

少々面倒な話ですが、銘柄というのは、農産物検査法に基づいた検査を受けて、産地と品種が認められないと名乗れません。
しかも、各都道府県に設定されていないと品種すら認められません。
わかりづらいかもしれませんが、コシヒカリの品種設定がされていない北海道でコシヒカリを作っても、「北海道産コシヒカリ」という銘柄にはなれない、ということです。

毎年銘柄は少しずつ変更があるのですが、今年も新品種が加わっています。
ここでいくつか紹介しましょう。

まず、そらゆき
北海道の新品種で、食味は「きらら397」並。「きらら397」より耐寒性や耐病性、多収という特徴があり、徐々に切り替えていく方向で進んでいます。
ちなみに、そらゆきの名称は、開発地の空知の「そら」と雪が多いところから「ゆき」をとって付けられました。

つづいて、青系187号

全然ピンときませんね(笑)
少し前、少し話題になった青森県の新品種「青天の霹靂」の地方番号が品種名になっています。
これは店長もちょっと意外でした。来年には名称変更されることでしょう。
業務用米に甘んじてきた青森県産米も、いよいよ極良食味米が生産できると期待されている品種です。

用途を限定したお米で、「和みリゾット」という品種も新潟県で登場しました。
リゾットはイタリア発祥のお米料理ですが、イタリアのお米は日本米に比べ大きく、国内では流通が少なく高値です。
そこでイタリア米「カルナローリ」を親にした品種開発をし、国内産のリゾットに向く大粒米「和みリゾット」が誕生しました。

名称変更としては、広島県で設定されていた「中国201号」が「恋の予感」に名前が変わりました。
…お米の名前とは到底思えませんね(笑)めっちゃオシャレです楽しいグッド
その由来は、「ひとたび食すると恋するようなときめきや情熱のあるお米となることを願った」とのこと。
高温耐性があり、やや多収、病気にも強いという特徴があり、「ヒノヒカリ」に置き換わる品種として期待されています。

それから新品種ではないですが、山形県産で有名な「つや姫」が宮崎県でも銘柄に設定されました。
宮崎県では日本一早いつや姫として「宮崎県産つや姫」を売り出す準備をしているとか。

店長が以前から個人的に注目している「にこまる」は大阪、和歌山、島根の3府県が増え、合計22府県になりました。
徐々に増えてきてますが…依然として東日本には拡がらないですねたらーっ

というわけで、27年産米では品種数は260品種、銘柄数は705銘柄となりました。
年々増えてますね〜。26年に比べ品種は5品種、銘柄は16銘柄増加しました。

| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
水稲うるち玄米の[品種別]産地品種銘柄
少し前になりますが、ある会社から品種別の産地品種銘柄一覧を頂きました。
よく我々が目にするのは【産地別】の産地品種一覧で、どこどこ県ではこれとこれとこの品種、みたいな一覧表なのですが、【品種別】の一覧表では、この品種はどこどこ県とどこどこ県、って感じで載っています。

興味本位で、この一覧をパソコンに打ち込んでみたのですが、なかなか大変汗
平成24年のものでしたが、品種数で238、産地×品種=銘柄数で654もあるもので、ヒマを見つけながらなんとか打ち終わりました。

そこから平成25年産と平成26年産の一覧も農水省のホームページなどを見ながら、足したり減らしたり変更したりしていると、いろいろ思うことがあったのでここに記しておこうと思います。
平たく言うと、雑記です。

時代の流れというか、農水省の意向というか、飼料米をはじめとする新規需要米の品種が入ってきているのが特に変わったなぁと思うところです。
家畜の飼料にするのに産地品種の検査・証明って必要なのかなぁと疑問に思いますが、きっと何か意味があるのでしょう。

平成26年に青森県でも「ひとめぼれ」が銘柄になりました。これで全国35府県、南は沖縄まで、緯度の広さ日本一を更新しました。
でもさすがに北海道は・・・無理ですね。

ひとめぼれと言えば、親は「コシヒカリ」と「初星」。
「初星」は当店の創業者である祖父がお気に入りだった品種で、幼き頃の店長もその名をよく耳にしていました。
その「初星」が平成24年の岐阜県を最後に、銘柄としてはその名がなくなってしまいました。残念!
品種の世界は厳しい淘汰の繰り返し。いつかは消えゆく運命なので仕方がありません。

ちなみに「初星」はピーク時で5万ヘクタール以上作付けされ、作付け順位は最高で7位。
「コシヒカリ」を親に持ち、子には「ひとめぼれ」のほか「チヨニシキ」などがあります。

将来が期待される品種は、作付けされる地域が増えていくものですが、今成長著しいのが「あきだわら」です。
25年、26年とも複数の県で新規に採用されています。とはいえ、まだ8県。今後も増えるのか否か。
ちなみに多収穫がウリの品種です。が、肥料をたくさん与えないと増えませんし、肥料が多くなれば味が落ちます。
個人的にはあまり期待してない品種です。

期待している「にこまる」は期待ほど増えず、26年に兵庫が増えて19府県。東日本にはなかなか普及しません。
もう一つの期待品種「みずほの輝き」は長野県が廃止し、新潟のしかも上越限定のローカル品種になりそうです。

気になったのが「新生夢ごこち」。23年に登録された、本拠地岐阜県が、26年には取り消されています。栃木と埼玉に設定があるので銘柄は続きますが、なぜ岐阜では外され、それ以外が栃木と埼玉だけなのか、、気になります。

その昔一世を風靡した大品種「ササニシキ」。その親「ササシグレ」が26年に宮城にて銘柄設定されました。
なんかいいですね。いまさら「ササシグレ」だなんて、アソビゴコロがあって。
申請者は自然栽培に取り組むNPO法人のようです。なぁ〜るほど。


少々長くなってきましたので、この辺で。

最後にデータ提供です。
平成26年産の産地品種銘柄は689銘柄。品種数は255品種です。
作付けされている産地が多い品種TOP10は、
あきたこまち(31)、キヌヒカリ(27)、コシヒカリ(43)、にこまる(19)、日本晴(16)、ひとめぼれ(35)、ヒノヒカリ(27)、みつひかり(19)、ミルキークイーン(34)、夢ごこち(18)
です。
50音順で、最初は「あいちのかおり」、最後は「わせじまん」です。


朝の光、陽の光、月の光、CMで何気なく発せられていたこれらの光の表現。
すべて、お米の品種名に自動変換してしまいます。職業病です。



| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
第3回米-1グランプリ開催のお知らせ

本日、写真のような案内が届きました。

いまや、お米の味を競うコンテストは全国各地で行われています。
このコンテストは北の大地・北海道の後志にある蘭越町で行われるそうです。
ゆめぴりかを筆頭に人気と注目度をあげている北海道での開催ということで、地元は力が入っていることでしょう。

コンテストで良い成績をあげたブランドや生産者は知名度が上がり、有利に販売することができることが多いですね。

前回の大会は出品総数210品と競争率は低め。
このブログをご覧の稲作農家の皆さん!
グランプリを狙うなら・・・今でしょ!

| sekiya | 店長の独り言 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
お米の真空パック


bolg index このページの先頭へ