blog index

溝の口のお米マイスター・関屋精米店

川崎市高津区で玄米量り売り&店頭精米を行っている、お米の専門店です。
あなたの好みの一品をご提案するとともに、炊飯のアドバイスも致します。
また、高津区内にお住まいの方には当日無料配達をいたしております。
<< 気になっていた本 『米で起業する!』 | main | 杉三反 田植え2008 >>
自然から学ぶ「食=医」
4月22日付の読売新聞の夕刊に、「医食同源」を実践する熊本県菊池市の医師の記事がありましたのでご紹介したいと思います。

その医師の名は、竹熊宜孝さん。
1960年代前半、慢性疲労やしびれに苦しむ農家の姿を目の当たりにした時に農薬の毒性を疑い、それ以後農村医療に携わるようになったとか。

75年に財政難で廃止寸前だった診療所を引き受けてから、30年。
今では50人のスタッフを擁する医療施設になっているそうです。
その診療所では「養生説法」という名物講習会が週2回行われていて、年間1万人近くの人が参加しているとのこと。店長も是非一度参加してみたいですね。

診療方針は、無農薬野菜中心の食事指導と、薬は漢方薬が中心。
あくまで「養生」を第一に考えておられます。

『薬』とは、「楽」になる「草」と書きます。
しかし今流通している薬の大半は化学的なもの。
自然界にある「草(植物)」を由来としているものは多くありません。

「医者がいなくても人は生きていけるが、農業なしでは生きられない。今こそ医は農に、農は自然に学ばなければ」というお言葉が心に残りました。
| sekiya | 食育 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
コメント
コメントする


お米の真空パック


bolg index このページの先頭へ