blog index

溝の口のお米マイスター・関屋精米店

川崎市高津区で玄米量り売り&店頭精米を行っている、お米の専門店です。
あなたの好みの一品をご提案するとともに、炊飯のアドバイスも致します。
また、高津区内にお住まいの方には当日無料配達をいたしております。
<< 寒もち―ご予約受付中! | main | 隠岐の島からのご来店 >>
「和食の定義」が決定されました。
2013年、ユネスコの無形文化遺産に指定された「和食」。
和食は健康的であるというイメージがあり、回帰する方々もいらっしゃるかと思いますが、その線引きが難しいところでもあります。日本で生まれたり発展した料理はあれど、健康的なイメージがないラーメンやトンカツなどは果たして和食なのか・・など。

そこで和食文化国民会議では、その理解を促進するために「和食の定義」を決定・発表しました。とはいえ、“和食文化国民会議”が提唱する、という前置きがあります。

米穀業界紙・商経アドバイスで紹介された記事を載せさせていただきますが、読みにくいのでテキストに書き出してみました。
以下、

和食会議が提唱する「和食の定義」


▽和食とは、米飯を主食とし、ご飯に合った汁・菜・漬け物、および多様な菜によって構成される献立を基本に、正しく箸や椀などを使う日本の食習慣である。味わいは、だしからとれるうまみをベースとし、しょう油・味噌・酢などの伝統的な調味料を用いて作られる。その意味で粉食のうどんや蕎麦も和食である。

▽また伝統的な寿司や郷土の食はもちろん、日本で育まれ培われて日本人の生活に定着しているものは和食の範囲に含まれる。

▽和食はおおむね低脂肪であることで日本人の健康に貢献している。

▽和食は、主として国産の食材を使い、四季おりおりの自然の恵みに対する感謝の念とこれを大切にする精神に支えられ、地域や家族をつなぐ日本人の生活文化である。


以上。和食の定義

印象としては、常識の範囲内といったところでしょうか。
ラーメンは?とか、トンカツは?といった質問自体がナンセンス。まず和食とは「食習慣」なのですね。

「地域や家族をつなぐ日本人の生活文化である」と締めくくられておりますが、日本人が回帰すべき一番大切な思想はそれかも知れませんね。
これからも和食を大切にしていきたい、そういう思いに駆られます。


| sekiya | 食育 | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
コメント
コメントする


お米の真空パック


bolg index このページの先頭へ