blog index

溝の口のお米マイスター・関屋精米店

川崎市高津区で玄米量り売り&店頭精米を行っている、お米の専門店です。
あなたの好みの一品をご提案するとともに、炊飯のアドバイスも致します。
また、高津区内にお住まいの方には当日無料配達をいたしております。
「田園都市生活vol.41」に掲載されました。
6月25日(土)に発売された「田園都市生活 vol.41」に関屋精米店が2ページに亘って掲載されました。
「田園都市、こだわりの人」というコーナー。
今年4月に入社したばかりの記者さんが担当で、締め切りギリギリまで校正をしていましたが、結局間に合わずたらーっ。。。
したがって、ほぼ、記者さんの感じたそのままを記事にしていただきました。
いかがでしょうか?
ご感想をお聞かせ下さい(^^

取材当日は記者の方とカメラマンのお二人でいらっしゃり、1時間余り。
お米の話が中心にはなりますが、色々お話が出来、大変楽しい取材時間でした楽しい

それにしても1ページ丸々写真ってのはこっぱずかしいですね。
担いでいるお米は赤っぽい印刷の袋だったので「なんでもち米にしたの?」って言われちゃいましたが、実は赤紫色の印刷の「土佐天空の郷にこまる」です。
倉庫の出入り口近くにあったのでそれにしたのですが、もうちょっと選ぶべきだったかな?
(ちなみに、もち米は赤。うるち米は大抵緑色の印刷です。)


DSC_0042.JPG
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
FMサルースにラジオ出演。

たまプラーザ駅に程近いFMラジオ局「FMサルース」の「ロダンタイムズ」という番組に出演してきました。
パーソナリティは小松田あこさん。
「シニセノワ」というコーナー。
“老舗の若旦那”にスポットを当て、なぜ継ごうと思ったか、継ぐことに迷いはなかったか、継いでどういうことをしているのか、などの質問に答えつつ、お店の紹介をして参りました楽しい

スタジオはガラス張りで、目の前はお子さんから年配の方まで憩う広場になっていて、見られ放題(笑)
放送の内容はスピーカーから流れているし、USTREAMでも配信しているしで、必要以上に緊張してしまうほど開放感がありました。
しかし、小松田さんが緊張をほぐして下さり、なんとか落ち着いてお話しできたように思います。

老舗らしい道具を一つ持ってきてほしいというリクエストがあったのですが、精米に関連する機械や倉庫などは古いものがありますが、持ち運びできる小道具となるとなかなかコレッ!というものがなく、悩んだ挙句持っていったのがボコボコに凹んだ年季の入った“ボウル”でした。
お米を入れたりすくったりと工場では今も現役で使っているのですが、レトロ感たっぷりのこのボウルに小松田さんも喜んで下さったので良かったですわーい

このコーナーは、実家のお店・会社を継ごうか迷っている方には大変為になるだろうなぁと思いますね。
来月から小松田さんは産休に入られるそうですが、このコーナーは続いてほしいなぁ。。

ということで、小松田あこさん、FMサルースのスタッフのみなさん、そしてこの番組に私を紹介して下さった坂戸屋の武笠さん。
良い機会を下さいましてありがとうございましたラッキー
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
FOOD ACTION NIPPON のHPに掲載されました。
農林水産省が自給率向上を目的に取り組んでいる『FOOD ACTION NIPPON』。
そのホームページの中の“MOGU MAGA”のページに店長が掲載されています。



取材にいらした記者の方は気さくで面白い方でした。
お世話になりまして、ありがとうございましたm(__)m
| sekiya | メディア | comments(2) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
山形県からご来店
先日、『農業経営者』という雑誌に載りましたよって投稿を致しましたが、
この掲載をご覧になった山形県の農家さんが、はるばる川崎の当店を訪ねにいらっしゃいました。

その農家さんは、店長より1歳下の長身の女性。
元々ご実家が農家さんだそうで、今は女性だけの農場を営み、お米や野菜を作っていらっしゃいます。
女性だけってすごいですよね。男子禁制の田畑
聞いたことないです(笑)

お米作りは農薬や化学肥料を使わず、有機質肥料と漢方薬で栽培されているとの事で、大変手間をかけて作られたそうです。
そんな、溢れんばかりの思いが籠もったお米を紹介(営業?)してくださったのですが、
農家さん1人ではなく、山形のローカルテレビのカメラを引き連れていらっしゃいました。

当日に知ったもんで、ちょっとびっくり。

以前、農業関係の雑誌でその農家さんのことは拝見したことがあったのですが、
山形では今注目されているご様子。

少し前から農業はブームとなっていますが、この先単なるブームに終わって欲しくはありません。
彼女のような意識の高い若手農業者が頑張って活動されて、将来“農家”を特別なものではなく普通の就職先となるような社会になることを願っています。



頂いたサンプル。玄米食専用だそうです。

続きを読む >>
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
農業経営者 3月号に掲載
蠻清筏蚕冂命社発行の生産者のための専門情報誌『農業経営者 No.169』に当店が掲載されました。

取材コンテンツは「バイヤーが求めている『モノ』と『コト』」。
バイヤーとして紹介していただきました。
いや〜、バイヤーっていうほど大したものじゃないんですけどねぇたらーっ

見出しには
「まだまだ駆け出し中なので、様々な農業経営者の作る魅力的なコメに出会いたい」
と書いていただきました。
取材していただいたのはだいぶ前ではあるのですが、今もその気持ちに変わりはありません。
販売側に身を置いているため生産のことはまだまだ勉強不足だと思っています。
農家さんから色々と教わり、色々と刺激をいただければと思っています。


| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
田園都市生活 Vol.35
田園都市線沿線のライフスタイルマガジン『田園都市生活』の12月25日発売の号で、当店を紹介していただきました。

「五ツ星マイスターが 高津の食を支えている」
というタイトルを見て、こちらのほうが「お〜、なるほど。」
って思っちゃいました。
“支えている”と言われると恐縮してしまいますが、確かにご家庭にお届けするだけではなく、溝の口周辺の飲食店さんへの納品も増え、溝の口に生活している方がどこかで当店がお届けしたお米を召し上がっているんだ、ということに改めて気づかされた気がします。

誌面では契約栽培米ぷろぢぇくと米☆『杉三反』のことをメインに掲載されています。
『杉三反』の説明を色々とさせていただいていたら、取材にいらしたカメラマンの方が興味を募らせて下さり、なんとお買い上げいただきました。
しかもお口に合ったようでお褒めのお言葉をいただきました。
ありがとうございました。


店長 はりきって30埣瓦い任泙
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
杉三反が業界紙に紹介されました
米業界のリーディング専門紙『商経アドバイス』に杉三反の取組みを紹介していただきました。

“持続可能な農業”を目指して始めたこの契約栽培ぷろぢぇくと。農家さんが翌年もその次の年も継続して農業ができる価格で我ら米屋が契約し、米屋も買っていただくお客様にも無理しないで売り買いできる価格でお米を販売しています。ただし、お客様にはその価値を充分に感じていただけるよう、米屋も農家さんも努力を惜しんでいません。お客様と接する我々米屋が農家さんに提案・助言し、米屋自らも田植え・除草・稲刈りなどの農作業に参加し、農業の大切さをお客様に伝えています。そんな取組みも今年3年目を迎え、賛同する米屋が増えています。

といった感じの内容です。

商経アドバイスさんには杉三反1年目から掲載していただき、たかだか4件の米屋がお米を生産・販売しているだけのごくごくわずかな量にもかかわらず、その取組みに注目をして記事にしてくださるというのはやっぱり嬉しいことです。
あとは、この輪が広がっていくのを願うばかりです月
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
Agrizm(アグリズム)に掲載
7月16日に創刊される「農業」をテーマにした20〜30代向けの季刊雑誌、『Agrizm(アグリズム)』に店長のコメントがちょこっと載ります。
ほんとにちょこっとですたらーっ

創刊号で「お米に関する資格」の特集を組むということで、お問い合わせいただきました。

Agrizmのコンセプトは、「農業が身近になる、ファーム・コミュニケーションマガジン」。要は「農業ってカッコイイ!」と思えるスタイルを紹介・提案していこうという何ともイカした雑誌です。
ちなみに店長は2月に発売された創刊準備号(もう完売しているそうです)はゲットしましたグッド今注目の雑誌です。

7月16日、是非お近くの有名書店でお手にとって見てくださいラッキー


創刊準備号(vol.0)
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
米穀新聞4月23日号に掲載されました。

若干店名が違いますが・・・たらーっ(×関谷→○関屋)

先日、業界雑誌『米と流通』で以前お世話になったライターのOさんがご来店なさいまして、いろいろとお話させていただきました。

今回は『米穀新聞』という業界新聞に紹介していただきました。
ありがとうございましたラッキー
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
『杉三反』が業界紙に載りました。

当店も加わっている取組み“契約栽培米ぷろぢぇくと☆杉三反”が、業界専門紙でトップシェアを持つ「商経アドバイス」の紙面に掲載されました。

・「杉三反」で産消の懸け橋に
・「取組みに共鳴」と意欲

の見出し。

今年は作付け面積が増え、販売店も3店に増えました。
この取組みが消費者の方や販売店にもっともっと共鳴を呼び、発展していくことを願っています。
| sekiya | メディア | comments(0) | - | - | - |blogram投票ボタン←ぽちっ♪
お米の真空パック


bolg index このページの先頭へ